蕁麻疹 - ひまわり皮フ科

蕁麻疹

膨疹といわれる、蚊にさされたあとのような発疹が出現し、通常、数時間単位ででたり、ひいたりを繰り返すのが特徴です。

原因には様々なものがあり、食べ物や薬物よる場合や、機械的刺激、温度変化、日光によって出現するものがあります。

治療としては、通常抗ヒスタミン剤、抗アレルギー剤の内服が行われるのですが、重症例では、ステロイド剤の内服、点滴投与を行う場合もあります。

Copyright (C) ひまわり皮フ科.All Rights Reserved.