更年期障害治療プラセンタ(メルスモン)注射 - ひまわり皮フ科

更年期障害治療プラセンタ(メルスモン)注射

プラセンタとは

プラセンタとは「胎盤(たいばん)」のことです。胎盤は赤ちゃんのへその緒とつながっていて、栄養や酸素を赤ちゃんに届け、赤ちゃんを育てる役割を持っています。胎盤には細胞を育て、活性化させるたくさんの成長因子(タンパク質やアミノ酸、核酸、ビタミンなど)の栄養素がたいへん豊富に詰まっています。

プラセンタエキスとはヒトの胎盤から抽出されたエキスの有効成分のことです。このプラセンタエキスを注射することにより、プラセンタが体内にとりこまれ、美容や疲れなどに効果を発揮するといわれています。

医療用に使われているプラセンタ注射薬は、メルスモンをとラエンネックの2つの製剤が厚生労働省で医薬品として認可されています。いずれも日本国内の産婦人科で健康な母親から正常分娩で生まれた胎盤を使用して作られたものです。 ちなみに当院ではメルスモンを使用します。

更年期障害について

女性の40歳代は、女性ホルモンの分泌低下に伴い、ほてりやイライラ、のぼせ、不眠など何となくこれまでにない体調の変化を感じることが多くなります。これらの症状に合わせ、個人差はありますが排尿障害や性交障害、骨粗鬆症など女性特有の症状や変化が現れてくることがあります。

更年期とは閉経をはさんで前後10年のことを指します。標準的にはおおよそ45歳~55歳くらいが更年期ということになりますがもちろん個人差がありますし、症状もそれぞれです。

更年期障害の症状

更年期障害の症状は人それぞれ、そして個人差もあります。下記は参考までです。何かしら当てはまるものがあるかもしれませんね。

プラセンタ療法

ヒト胎盤ホルモン=プラセンタは、肝炎や更年期障害の治療薬として厚生労働省から認可されているお薬です。定期的に注射することでこれらの病気に対して治療効果を期待することができます。

また、病気の治療以外にも、疲労の回復や自己免疫疾患・アレルギー疾患の改善、美肌・アンチエイジングなどの美容効果が認められているため、広く活用されています。

プラセンタの働きとして、次のようなものが報告、確認されています。

また、プラセンタは以下のような部位、症状、分野で効果が確認され、活用されています。

上記のほかにもさまざまな効果効能が報告、確認されています。

保険適用となるプラセンタ療法(メルスモン注射)

病気の治療として更年期障害の場合、現行で年齢45歳~59歳の女性の方については保険適応になりますので、費用は普通の治療と同じように保険の範囲内で行います。
プラセンタが保険適用となる病名は限られていますので、厚生労働省が認可した病名の方以外は保険でプラセンタ療法を受けることができません。

費用

保険適用外となる場合(年齢的にも症状的、病名的にも保険診療の適応にならない場合)、例えば美容目的などはよくあるケースですが、これは自費でプラセンタ療法をご提供しています。

保険適用の場合
【更年期障害をお持ちの45~59歳までの女性が対象】
メルスモン1A注射 【3割負担の方で自己負担金】
初回…1,000円程度 2回目以降…500円程度
※週2~3回の注射をある程度継続して治療されることをお勧めします。効果については個人差があります。
保険適用外(自費)の場合
【特に対象制限はありません】
メルスモン1A注射/1,080円 メルスモン2A注射/2,160円 メルスモン3A注射/3,240円
※特に注射の回数についての制限はありませんが、まずは1回1Aを週1回程度、継続して打っていかれてはいかがでしょうか(個人差はあります)。

ご留意点

プラセンタ注射をしている患者さんの声

効果には個人差がありますが、定期的にプラセンタ注射を打つことで効果を実感されている方がたくさんいらっしゃいます。興味のある方はスタッフまでお気軽におたずね下さい。

Copyright (C) ひまわり皮フ科.All Rights Reserved.