尋常性疣贅 (手足のイボ) - ひまわり皮フ科

尋常性疣贅 (手足のイボ)

手足にできる感染性のイボのことを尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)といいます。
ヒトパピローマ・ウイルスの感染により生じ、うつってだんだんと数が増えてきます。
足の裏にできているとウオノメと間違われて放置され、難治化することがあります。
治療は液体窒素で冷凍凝固処置するのが一般的です。
ただし、少し痛みを伴う治療ですので、小さなお子様に対してはほかの方法を組み合わせて治療していきます。

尋常性疣贅(手足のイボ)1

尋常性疣贅(手足のイボ)2

Copyright (C) ひまわり皮フ科.All Rights Reserved.