丹毒 - ひまわり皮フ科

丹毒

細菌感染によって、皮膚の比較的深いところに炎症をおこし、赤くはれた状態になります。比較的、健常部との境界がはっきりしていることが多いのが特徴です。外傷が誘因になることもありますが、はっきりした傷などがなくても発症するとこがあります。また、比較的顔や下肢に多いとされています。

治療としては、抗生物質の内服や点滴が行われます。

Copyright (C) ひまわり皮フ科.All Rights Reserved.