新生児ざ瘡 (赤ちゃんのニキビ) - ひまわり皮フ科

新生児ざ瘡 (赤ちゃんのニキビ)

生後2週から3ヶ月までに発症し、男の子に多いとされています。

症状としては、いわゆる「にきび」と同じく、主として顔に赤いぶつぶつや膿をもったぶつぶつができます。

一般的に、数週間~数ヶ月で自然に治るのですが、重症となる場合は、抗生物質の外用をおこなうことがあります。

Copyright (C) ひまわり皮フ科.All Rights Reserved.