イボ治療 - 平井駅南口1分のよつば皮膚科

イボ治療

イボ(尋常性疣贅 / じんじょうせいゆうぜい)治療

イボはどうして出来るの?

ヒトパピローマウイルス(HPV)の感染でイボは出来ます。
感染の仕方は接触感染により、皮膚に微小な傷があった時、HPVは体内に入り込み、皮膚の角化細胞に感染します。主に手のひら、手の甲、指、足の裏、足の甲、足の指によく見られ、ウオノメ・タコとよく似ています。

ほっといても大丈夫?

感染したばかりで出来たてのイボは小さく、目立ちません。
しかしほっておくと増殖を続け、周囲の角化細胞に感染を広げていきます。
そうなると、小さかったイボも徐々に大きくなり、又やがて離れた場所にも飛び火して数も増えてきてしまいます。

イボはどうして出来るの?

治療法

長低温の液体窒素でイボを凍結させ壊死させる治療法です。
但し、この治療は1回で治癒するわけではありません。繰り返し(1~2週間に1度)根気よく治療する事が必要です。また、この治療法は痛みが伴います。

アクセス

詳しくはこちら

くすの木訪問看護ステーション

03-3637-1112

〒132-0035
東京都江戸川区平井4-11-5
平井イスズビル 2F(珈琲館の2F)
JR総武線「平井駅」南口 徒歩1分

JR総武線「平井駅」南口 徒歩1分

ネット受付

問診票ダウンロード

Copyright (C) よつば皮膚科.All Rights Reserved.