伝染性膿痂疹 (とびひ) - ひまわり皮フ科

伝染性膿痂疹 (とびひ)

医学的には伝染性膿痂疹と呼ばれるもので、症状としては、虫さされやすり傷、湿疹を引っ掻いた場所等に細菌がつくことによって、みずぶくれができたり、それが破れてじくじくした局面になってきます。

原因としては、黄色ブドウ球菌や、化膿性連鎖球菌が産生する毒素によるものとされ、原因となった菌によって、症状も異なってきます。

治療としては、抗生物質の外用、内服が主体となります。

Copyright (C) ひまわり皮フ科.All Rights Reserved.